03

22

コメント

震災の援助に携帯の充電器を制作

ソーラーバイクレース実行委員会では先の大震災の被災地支援として携帯電話のソーラー充電器を製作しました。
seihin_20110322.jpg

これは、ソーラーバイクレース実行委員会がスポンサーより提供されていたソーラーパネルにDC-DCコンバータ回路をつけた、電気がなくても携帯の充電ができる装置です。
自動車のバッテリーも接続できるようになっています。バッテリーを接続すると、太陽が出ている間にバッテリーに充電して、太陽光が当たらなくなっても連続して携帯に充電できます。

ソーラーの充電器を検索してみましたが、ソーラーパネルが手のひらサイズぐらいの個人用ばかりで、意外にもこのような大型の充電器は世の中にはありませんね。このぐらい大きなソーラーパネルを使うと、20?60分で充電できるようです。
昨日はぐずついた天候だったのですが、それでも充電できたとのこと。なかなかの高性能ぶりを発揮しています。



ソーラーバイクレースにかかわるメンバーや、Twitterで呼びかけたメンバーがあつまり、3/15日より制作を始めて、昨日 21日に約50台を完成させました。
これらは浜松市の消防局にお願いして、現地に設置されれます。


minna_20110322.jpg制作の模様

kiban_20110322.jpgDC-DCコンバータ基板

seihin_20110322-2.jpgハマ零代表のサイン入りでございます。

すでに 13台は現地に収められて、活躍しているとのこと。

充電器の出力は USB端子になっているので、携帯電話のほかにDSとか USB端子のあるメディアプレーヤーや iPadにも使うことができます。

実際に今回出張中に被災して、避難所にも一時いた、山脇さんによると、たとえ電波がつながりにくくても、現地の人にとっては携帯が動くだけでほっとするとのことです。

作ったばかりではありますが、早くこの充電器が役割を終えることを切に願います。





リンク

被災地へ携帯電話充電器を?浜松のソーラーバイクレースが準備

写真=出来上がった充電器を喜ぶ山脇さん。


東日本大震災被災地支援活動 ← 充電器の性能がよくまとめられています。動画もあり。

09

05

コメント

ソーラーバイクレース2010 一日目

おはようございますビーコンの菅原です。


昨日、浜松オートレース場で開催されているソーラーバイクレースに実行委員の一人として参加してきました。

ソーラーバイクレースin浜松は電動バイクのバッテリーの充電を太陽電池で行い、各種の競技を行います。


x2_29212ee.jpg


昨年テレビで紹介されたせいか、今回は 36チームのエントリーがありました。
しかし、運営人数は変わらないので、オドメータのチェック等の車検に時間がかかるようになりました。

晴天に恵まれすぎて、バッテリーはビンビンですが、トラック内はアスファルトの照り返しも加わり、汗が滝のように出てきます。

今年は チョイノリをベースとしたバイクが三台エントリーしていました。ベースとしては改造しやすいのでしょうね。

レースが始まってからはソーラーパネルからの充電のみという規則です。夜の間に充電できないように、一日目が終わったら、バッテリーを預けなくてはなりません。
全力で走っていては足りなくなるので、バッテリーの残量をみながらの戦いになってきます。このあたりは常連さんが経験積んでいるだけに有利ですね。二日目の今日ははっきり表れてくるでしょう。


お陰さまで、多少の転倒で大きな事故も怪我もなく一日目は終えることができました。

09

24

コメント

ソーラーバイクレース2009in浜松の動画

おはようございます。

ビーコンの菅原です。

ソーラーバイクレースの模様の動画をアップしましたので紹介します。
雰囲気だけでも伝われば。。







他にも見つけたのでこちらもどうぞ




09

22

コメント

ソーラーバイクの動画

おはようございます。

ビーコンの菅原です。

ソーラーバイクのデモ走動の動画がありましたがあまりアクセスされていないようなの、ここで紹介します。




09

21

コメント

ソーラーバイクレース2009 二日目

おはようございます。
ビーコンの菅原です。

昨日はソーラーバイクレース2009 二日目。最終日です。

今日は雲ひとつない晴天に恵まれました。
いままで開催した日のなかで最高の天気だったそうです。
sorlar20090920-4.jpg
ソーラーの充電からみると最高ですが、やっているほうは暑くて大変でした。


この日はパフォーマンス部門の競技もありました。
パフォーマンス部門とは各チーム一分間でバイクを使ったパフォーマンスを披露し、審査員からの採点で点数が決まるものです。
sorlar20090920-5.jpg
このようなレースとは思えないようないろいろなパフォーマンスが見られます。これも、ものすごい凝ったパフォーマンスをするチームもあり、結構見ごたえがありましたヨ。

パフォーマンス部門だけではなく、ちゃんとまじめなレースもおこなれています。
sorlar20090920-8.jpg

sorlar20090920-3.jpg
この大会において、バッテリーの充電は支給されたソーラーパネルからしか許されていないために、天候の影響をもろに受けます。二日目の天候がどうなるか分からないので、1日目にバッテリーをどこまで使うかというのも勝負の大きなポイントとなります。

バイクには100Wまでのソーラーパネルの搭載も許されていて、このようなパネルをつけたバイクも何台かありました。これも天候が良いと力を発揮しますね。
sorlar20090920-2.jpg


夕暮れ時に結果発表と表彰です。
表彰インタビューを聞くと、各チームのストーリーが見えてきて、感動もひとしおです。
sorlar20090920-7.jpg

今年は30チームと昨年の1.5倍に参加者が増えました。各チームの速度差が大きいことと、速いバイクは本当に速くなつてきているので、来年はチームにも運営側にもよりいっそうの安全対策が課題となりそうです。




最後に。支給されたスタッフTシャツ。

sorlar20090920-1.jpg


では、また。

プロフィール

ビーコン菅原

Author:ビーコン菅原
組み込み始めてそろそろ25年。マイコンとか電子回路が大好きなんですよー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

カウンター(UV)

月別アーカイブ

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  03  02  01  12  11  10  09  07  05  02  12  10  09  08  07  05  04  03  11  09  08  07  06  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  12  11  10  08  02  12 

QRコード

QRコード

Designed by

Ad