10

17

コメント

R8Cシリーズのパッケージの欠けについて

ビーコンの菅原です。
いつもお世話になります。


R8Cマイコンでちょっぴり変なところ。

ICの外形で欠けているところが、パッケージによってちがいます。

たとえば 48PINでは 1番ピンのところが欠けています。
普通はこういうパッケージになりますね。
ルネサスR8C48Pinピン配置

でも 64Pinでは 17番ピンのところが欠けているんですねー。

ルネサスR8C64Pinピン配置

普通は欠けているところが一番って思います。
過去、実装を間違えられてしまったことがあります。

R8Cマイコンを実装する人たち・・ご注意くださいね。

10

11

コメント

R8C/2A,R8C/2BとR8C/3Cの比較

こんにちは、ビーコンの菅原です。

ルネサスのマイコン R8C/36Cについて調べましたのでメモ。
マイコンの仕様書を眺めるてあれこれ応用を考えるのは楽しいですねww
鉄道マニアが時刻表であれこれ夢想するのと似ているかもしれません。


R8Cは 1x シリーズから 2xシリーズ、それからいろいろいなバージョンが増えてきましたが正当な後継シリーズは3xということになるでしょう。
3xシリーズはずいぶんと前から宣伝をされていますが、入手が容易になってきたので選定するマイコンの選択肢に入ってきました。


1xシリーズから2xシリーズへの移行は三菱系のペリフェラルから日立系(H8)のペリフェラルが使われるようになりました。

2xから3xはよりブラッシュアップした印象ですね。劇的な変化はありませんが、ユーザーから寄せられた声を丁寧に製品に反映させた印象があります。

あと、H8/300シリーズのときのようなこちらが追い付いていけないぐらいの型番、シリーズの増加はいまのところ見られません。長期展望を持ってシリーズを作っているのではないかと思います。


ここでは、おなじ64Pin の2xシリーズのマイコンR8C/2A,R8C/2B と 3xシリーズのR8C/3Cを比較してみました。
気付いたことをアトランダムにメモっていきます。

・コストパフォーマンスが良くなっている。

・デバッガを使っていてもUARTは全部使えるっぽい R8C/3xからの共通の仕様でしょうか。

・SCL2,SDA2という端子があるが、これは UART2のペリフェラルにある簡易I2Cという機能でI2Cとは違う。

・電源端子が2本すくなくなっている(ポートとして使える端子が2本多くなっている)

・ピンの互換性はない。

・FlashROMの構造が変わったようだ。

・タイマーが増えてる。

・オンチップオシレータの高精度化&絶妙なクロックを設定できるようになった。非同期式シリアル通信で一般的な通信速度で誤差が出ないようになっている。
2xシリーズまでは通信に使う場合には20MHzのセラミック発振子(セラロック)を使うのが一般的な使い方でした。3xシリーズでは通信を行う場合でも外部に振動子を付けずにオンチップオシレータのの構成で行くことが多くなりそう。

・DTC/コンパレータが装備されている。

・電源電圧が 2.2V-5.5Vから1.8V-5.5Vの範囲になった

・駆動力Hiにできるポートが増えたり、ポートの設定をより細やかに変えられるようになった

・低容量のROMのラインナップが増えた

・同じROM容量の製品を選ぶとRAM容量が増えている。

・ひとつの端子に複数の機能が割り当てられ過ぎていて、煩雑&設定がめんどうな印象。

聞いた話によると ルネサスとNECが統合したことにより、低価格ワンチップマイコンはNECのマイコンコアをつかった RL78シリーズに力をいれていくそうで、R8Cシリーズは今後新たな展開はしなくなりそうだとのこと。

いままでR8C使ってきた人が新たな開発をする場合には R8C/3xシリーズから選定するのが順当かと思います。(生産数と開発工数を天秤にかけ、今まで使っていたマイコンをそのまま使うという選択肢も正しいですが)
その他 USBなど特殊機能や低消費電力に特化したものもあるので、それらを使うといいでしょうね。

逆にいままでR8C使っていない人がルネサスの低価格マイコンを選定する場合には RL78シリーズをお勧めします。

09

19

コメント

R8C/HEW XPで作ったプロジェクトをWindows7で動かしたらE8aで動かない

こんにちは、

R8C/GCなんですが、よくわからない現象が起きたので、メモしておきます。

Windows Xp で作ったHewプロジェクトをWindows7にコピーしました。
コンパイルは無事通るのですが、E8aを接続してプログラムを書き込もうとすると以下のような画面が出て、デバッグできません。

E8aのエラー画面

ちなみに、0からプロジェクトを作った場合には何の問題もなく動作します。
もうちょっと調べてみますね。。

05

17

コメント

R8C/M11A マイコンいいですね。

秋月電子で DIPタイプの R8Cが販売されています。
14Pinの R8C/M11A
20Pinの R8C/M12A

それぞれ 100円!

R8CのDIP版は数年前にサンハヤト限定で販売されていたのみで、長らく待たれておりました。

R8Cの販売方針で、ホビー用途はあまり考えられていなかったのではないかと思うのですが、このような手頃なマイコンが出てくることは歓迎すべきことです。。


このマイコンを開発するときには デバッガの E8aを利用することをお勧めします。
15000円程度で販売していますが、ルネサスの標準開発環境である HEWの試用版が使え、そこから快適なデバッグをすることができます。 PICなんかと比べても、非常に初期費用が安く済むことと、開発環境の選択肢が狭い分、はまることも少ないと思います。

早速R8C/M11Aを使ってみました。他のシリーズと比べて、多少変わっているところがあるので、今までの R8Cのソースファイルをそのまま流用しても微妙に動かないところがあります。
クロックの設定とか、タイマの割り込みフラグ関係など、ちょっとはまるかもしれません。

R8C/M11Aバラック基板



現時点(2011年5月)で残念なのは HEWのプロジェクト(ワークスペース)を新規作成するときに、 R8C/M11A,R8C/M12Aがサポートされていないため、自動でコード生成されない部分があります。

とりあえず、私が作ったサンプルのプロジェクトを置いておきます。R8C/M11aで動作確認していますが、R8C/M12aでも動作すると思います。
クロックを高速オシレータで 20MHzにして、1mSecのタイマ割り込みが入るようにしてあります。ウォッチドックタイマは動かしていません)
このプロジェクトをもとにすれば、最初のつまらないはまりはなくなると思います。
プロジェクトを置くフォルダは半角英数字のみとしてください。(全角文字やスペースが入ると微妙に動かず困ります)


プロジェクトの保存先


R8C/M11Aサンプル回路
回路図

それでは、楽しいプログラミングを!

11

17

コメント

R8Cオンチップオシレータでノイズ削減

こんにちは、ビーコンの菅原です。

ルネサスエレクトロニクスのマイコン R8Cにはオンチップオシレータが付いています。
要は外部に水晶振動子などがなくても、自身でクロックを発生できるということです。

R8Cマイコンはオンチップオシレータが搭載されています


当然水晶振動子に比べると精度が出ません。
その代りオンチップオシレータにすると、水晶振動子を外付けするよりも基板からの放射ノイズが少なくなります。
当然といえば当然ですが。。
こんな利点もありますね。。

他のマイコンでも同様なことが言えます。

プロフィール

ビーコン菅原

Author:ビーコン菅原
組み込み始めてそろそろ25年。マイコンとか電子回路が大好きなんですよー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

カウンター(UV)

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  03  02  01  12  11  10  09  07  05  02  12  10  09  08  07  05  04  03  11  09  08  07  06  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  12  11  10  08  02  12 

QRコード

QRコード

Designed by

Ad