01

21

コメント

これ何m届くの?

「これ何m届くの?」

という質問は、無線機を扱っている方であれば、一番受ける質問でしょう。

一般的には
「見通し何m」
というお答え、つまり直線で見通すことができる間ではおおよそ 何mですよ
という回答になります。

しかしながら、鉄板などで電波が跳ね返かえり、本来の電波と干渉するマルチパスとか、周りに同じ帯域で電波を出す機器があったり、電波に影響を与える物体があちこち動き回ったりと、なかなか一筋縄には行きません。

そこで、スペクトラムアナライザで何と見えないかという話も出てきます。
スペクトラムアナライザとは、周波数の強度を見る装置で、アンテナをつけるとどの周波数でどの程度の電界強度かを測定することができる測定機です。


こういったものを使うと電波の発生源は観測することはできます。そういった帯域は避けるのが無難です。
しかし、そうかといって通信できるかどうかはまた別問題。

Zigbee 等の低消費電力な無線の場合、出力を相当抑えて、受信感度を非常に高くしてあります。
その場合、スペクトラムアナライザでは、通信の電波がノイズに隠れて検知できないのに、無線機同士では通信できてしまうことがよくあります。
そのような無線機の通信測定や通信距離の推測等にはスペクトラムアナライザでも役に立たないこともありますので、ご注意くださいね。

実際に使えるかどうかは現場の動作テストが一番確実です。
ここでの注意は計測したい機器のみならず、周囲の無線機器に影響を与えていないか?動くものがいるかどうかということも確認してください。

最近、無線の技術は格段に上がっていて、以前は「通信できたらラッキー」という感じだったのが普通に通信できるようになってきています。
特に2.4GHz帯域は無線LAN,Bluetooth,Zigbee(IEEE 802.15.4)、無線マウス、ワイヤレス電話、監視カメラ、電子レンジなど電波のレッドオーシャン状態ですが、トラブルは非常に少なく感じます。


昔ながらのイメージで無線にアレルギーを持っている方もぜひ一度使ってみていただけたらと思います。

12

20

コメント

XBeeのカバーをとってみた

ビーコンの菅原です。

XBeeを入手しましたが、特に使う予定もないので、カバーを開けてみました。
XBee 表

XBee 裏

Xbee 温める
こーいうのはヒートガンで温めます。雑にやると中の部品がずれるのでゆっくり慎重に・・

SANY3071.jpg
EM250というZigbee用マイコンが入っています。
アンテナは Fractus


06

29

コメント

P板.COMの価格カーブ

おはようございます。
ビーコンの菅原です。

最近の基板制作はP板.COMにお願いする機会が多くなってきました。

今回欲しいのは5枚なのですが、インターネット注文できるのは 1?255枚だったので、発注数を変えて自動見積もりを取ってグラフにしてみました。

P板.COMの価格カーブ
ちなみに 4層基板のサイズは 28x44 鉛フリー
両面基板のサイズは 34x73 鉛フリーです。

ここでは 5枚までは同一料金。
5枚をこえて55枚までは、一枚当たりの上昇分はなだらかです。
55枚当たりで、制作日数が変わったりするので、ここは注意が必要です。

多分サイズとか、その他の仕様によっても変化すると思うので、自動見積もりでいくつかのポイントの価格を見てみるのが良いかと。



P板.COMを使う上での注意点は、枚数や急ぎ具合によって制作する工場が違うので、微妙に品質が変わってくる可能性があります。ちなみに、以前基板に詳しい人にP板.COMで作った4層基板を顕微鏡で見てもらいましたが、「なかなかよい」との評価でした。


置き場所の問題もあるので、多く頼めばいってもんでもないのですが、次回リピートの可能性がある場合には、まとめて作っておくっていうのも手ですね。

12

13

コメント

日昇テクノロジーでNIOSボードを購入

こんにちは、ビーコンの菅原です。


ほしいと思っていたハードウェア構成の評価基板が
日昇テクノロジーで販売していたので購入。

まず、金曜日の夜にインターネットで注文を入れたのですが、
届いたのが日曜日!
他で購入された方が、来るのが早いといっていたが本当でした。

届いたのはボードと簡単な説明のみで、後はインターネットでダウンロードというスタイル。

NIOSBoard

これで12,800円とは!

ACアダプタの購入を忘れたのですが、ACアダプタ買ってと一言書いておいてほしかったなぁ。




ちょっとすかしてみたが、結構すごい。
両面基板!
分かる?

では!

11

09

コメント

I2Cででかい液晶が出ていました

おはようございます。
ビーコンの菅原です。



ストロベリーリナックスで、あのI2C液晶のでかいサイズがいつの間にか販売されています。

型番はSB1602E

SB1602Eのリンク

サイズ的に良い感じですね。

液晶自体はBOLYMINBO1602Eを使っているようです。
こういうところでは買おうと思っても最小ロットが5Kとか平気で言ってくるので、
このように一個で販売してくれるのはありがたいです。

はじめに販売されていた SB1602Bと、アイコン以外は互換性があるそうです。




そんなわけで、以前にSB1602Bで実験した記事をリンクします。参考になれば


ST7032iをI2Cバスで制御例

SB1602B I2C・低電圧キャラクタ液晶モジュール

ST7032i 制御サンプルソース公開



Arduinoで I2C LCD

私の記事ではありませんが、arduinoならばこちらが参考になります。

I2C LCD用ライブラリを作ってみた - cyclic landscape



では



プロフィール

ビーコン菅原

Author:ビーコン菅原
組み込み始めてそろそろ25年。マイコンとか電子回路が大好きなんですよー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

カウンター(UV)

月別アーカイブ

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  03  02  01  12  11  10  09  07  05  02  12  10  09  08  07  05  04  03  11  09  08  07  06  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  12  11  10  08  02  12 

QRコード

QRコード

Designed by

Ad