09

24

コメント

ソーラーバイクレース2009in浜松の動画

おはようございます。

ビーコンの菅原です。

ソーラーバイクレースの模様の動画をアップしましたので紹介します。
雰囲気だけでも伝われば。。







他にも見つけたのでこちらもどうぞ




09

22

コメント

ソーラーバイクの動画

おはようございます。

ビーコンの菅原です。

ソーラーバイクのデモ走動の動画がありましたがあまりアクセスされていないようなの、ここで紹介します。




09

21

コメント

ソーラーバイクレース2009 二日目

おはようございます。
ビーコンの菅原です。

昨日はソーラーバイクレース2009 二日目。最終日です。

今日は雲ひとつない晴天に恵まれました。
いままで開催した日のなかで最高の天気だったそうです。
sorlar20090920-4.jpg
ソーラーの充電からみると最高ですが、やっているほうは暑くて大変でした。


この日はパフォーマンス部門の競技もありました。
パフォーマンス部門とは各チーム一分間でバイクを使ったパフォーマンスを披露し、審査員からの採点で点数が決まるものです。
sorlar20090920-5.jpg
このようなレースとは思えないようないろいろなパフォーマンスが見られます。これも、ものすごい凝ったパフォーマンスをするチームもあり、結構見ごたえがありましたヨ。

パフォーマンス部門だけではなく、ちゃんとまじめなレースもおこなれています。
sorlar20090920-8.jpg

sorlar20090920-3.jpg
この大会において、バッテリーの充電は支給されたソーラーパネルからしか許されていないために、天候の影響をもろに受けます。二日目の天候がどうなるか分からないので、1日目にバッテリーをどこまで使うかというのも勝負の大きなポイントとなります。

バイクには100Wまでのソーラーパネルの搭載も許されていて、このようなパネルをつけたバイクも何台かありました。これも天候が良いと力を発揮しますね。
sorlar20090920-2.jpg


夕暮れ時に結果発表と表彰です。
表彰インタビューを聞くと、各チームのストーリーが見えてきて、感動もひとしおです。
sorlar20090920-7.jpg

今年は30チームと昨年の1.5倍に参加者が増えました。各チームの速度差が大きいことと、速いバイクは本当に速くなつてきているので、来年はチームにも運営側にもよりいっそうの安全対策が課題となりそうです。




最後に。支給されたスタッフTシャツ。

sorlar20090920-1.jpg


では、また。

09

19

コメント

ソーラーバイクレース2009 一日目

こんばんは、ビーコンの菅原です。


今日は浜松オートレース場で開催されているソーラーバイクレースに実行委員の一人として参加してきました。

ソーラーバイクレースin浜松は
電動バイクのバッテリーの充電を太陽電池で行い、各種の競技を行います。

ソーラーバイクレース 公式サイト
 


本日は
6時間耐久 の 2/3
5周スプリント
の競技が行われました。

今年は過去最高の30チームがエントリーしました。
ずっと参加している方に聞くと、年々性能が上がり、どんどんとスピードアップしているようです。
まずは写真をご覧ください。

ソーラーバイク充電の準備

太陽電池からバッテリーの充電を行います。

並んだソーラー


三輪のチーム
車検の様子。これは三輪バイクたち。


みんなでスタート
5周スプリントはルマン方式


夜も走る
夜になっても走ります。ソーラーパネルに頼れなくなりました。


注目の木製バイク
なんと木製のバイク

おやすみなさいバイクたち
あすの出番を待ちます。


明日も見学できます。
お楽しみのパフォーマンス競技もあります。
お近くの方は是非バイクを見に来てください。

ではでは

09

12

コメント

マブチモータをUSBで回すために・スイッチングレギュレータ編

おはようございます。
ビーコンの菅原洋一です。



前回はマブチモータをUSBで回すために・簡単な方法として、直列に制限抵抗をつけるやり方を紹介しました。
この方法の欠点はとにかくモータのパワーが無いこと。
それもそのはずで、電力のほとんどは制限抵抗で熱に変換されてしまうからです。

今回はもうチョットましな方法をご紹介します。

ダイソーの携帯電話の充電器を改造します。
315円なり
ダイソーの携帯充電器
100円ショップにGO


で、ケースをはずします。
ばらしたところ

唯一のICであるMC34063はスイッチングレギュレータICというICです。非常にメジャーなICで、いろいろなメーカから同じICが出ています。JRCのNJM2360もコンパチ品として使えます。
MC34063とかNJM2360でぐぐると回路例がいっぱい出てきますので、興味のある方はそちらを参照ください。

ここの回路では降圧回路となっています。
このICでは出力の電圧をフィードバックしてスイッチングの幅を変えて、電圧を一定にしているわけですが、IC自体のフィードバック端子が1.25Vになるようにしております。

このICはR3とR2の抵抗で分圧してあげて、希望の電圧が出るようにします。

ここでは R2 = 1KΩ,R3 = 3.3KΩということで
設計上は 5.375Vとなります。

ここでR3の値を変えれば出力電圧を変えることができます。

今回はR3をショートして、1.25V取り出すとモータ制御にはちょうどいい具合の電圧になりそうです。

この抵抗で変換しています。

改造は簡単。
基板裏側

基板の裏側でR3をショートしてください。
改造したところ


早速実験してみます。
前回にくらべて格段に元気に回転を始めました。

ちゃんと動いています。

入力側は
5V 0.25AなのでUSB規格に入ります。

出力側は
1.25V で 0.3Aとなっていました。

残念なのは 基板についているLEDが点灯しないこと。
これは出力電圧を 5.3Vから1.25Vにしたので仕方がないです。

USBの端子についてはWikipediaの記事を参照してください。


シリーズレギュレータとか三端子レギュレータは簡単にいうと出力が一定の電圧になるように、抵抗分になって、余分な電力を熱に変換して逃がしていることになります。ちょうど前回の記事「マブチモータをUSBで回すために・簡単な方法」にフィードバックをつけて抵抗値を変化させて電圧を一定にしているイメージです。

それに比べてスイッチングレギュレータにすると回路が複雑になったり、ノイズが発生したりしますが、効率がよくなります。


それでは。


※追記
マブチモーターの型番は FA-130 です。 2009年9月14日

09

09

コメント

Code Composer Essentials Professional でデバッガを認識しない。

おはようございます。
ビーコンの菅原洋一です。



MSP430用の開発統合環境TI Code Composer Essentials 
まずは無償評価版をインストールしていたPCに正規版(V3.1)をインストールしたところ。

以下のようなエラーが出て、デバッガを認識しなくなりました。
CodeComporserEssentialError


Exception occurred during launch

Reason:
Failed to initialize the Debug Server

Reason:

Cannot read System Setup data from XML file C:/Program Files/Texas
Instruments/CC Essentials v3/DebugServer/bin/win32/SystemSetup.xml
Error parsing file
Fatal Error as (0,0):An exception occurred! Type:RuntimeException.
Message:The primary document tntity could not be opend.
Id=C:/Program Files/Texas Instruments/CC Essentials
v3/DevugServer/bin/win32/SystemSetup.xml


どうやらデバッガのドライバのバージョン違いのようです。
評価版のほうがバージョンが新しかったために、古いバージョンの正規版をインストールしても
ドライバは新しいままのために、起こるようです。

そこで、いろいろと調べたところ、slac135f.zipという修正パッチが出ておりまして、このパッチを当てたところデバッガを認識するようになりました。
なんとかなりました


では、また。

09

08

コメント

マブチモータをUSBで回すために・簡単な方法

こんにちは。
ビーコンの菅原洋一です。


マブチモーターの FA-130
ニッポンの少年ならば誰でもお世話になったことがあるモーターではないでしょうか?

FA-130性能表より抜粋
限界電圧 1.5V?3.0V
適正電圧 1.5V
適正負荷時の消費電流 500mA

これをUSBを電源にして回すにはどうすればよいでしょう。






もちろんいきなりUSBの5Vにモーターつなげてはだめですよ。



もっとも簡単な方法として直列に制限抵抗をつけます。
USBでは 500mA取れるので、安全を考えて、300mA程度の電流をながしてみるには

15Ωの抵抗を接続します。

15Ωに300mA 流れるので抵抗にかかる電圧は 15Ω*0.3 で4.5V
抵抗で消費する電力は 4.5V * 0.3A = 1.35W となります。
2W以上の抵抗にしましょう。
マブチモーターを回す

抵抗の選定は趣味でやる場合にはあまり厳密にすることはありませんが、
もっとも普通に売っている1/4Wの抵抗だと、熱が発生して、こげることになるかもしれません 。

弱弱しいですが、回っています。ちょうどUSB扇風機と同じくらいのパワーだと思います。

ちなみに抵抗なしで1.5Vを直接かけてみたら1.0A程度の電流が流れました。メーカーの適正な電流値をオーバーしているので、使わないほうがよいです。
マブチモーターを回す2

1.0Vの電圧をかけたときは 0.8A0.6A程度
マブチモーターを1.0Vで回す
このあたりでもやめておいたほうが良いでしょう。


電池の場合1.5Vでも内部抵抗があるために、1.5Vで1.0Aも供給できないから、1.5Vの電池を直につけても、直列2本つけても大丈夫。



メーカの適正負荷時の消費電流である500mAを流してみると、0.83Vとなりました。
FA130を回してみる


FA-130は巻きが少なくて電流を多く流すタイプのモーターです。


では、また。

09

02

コメント

DIGI-Keyは金曜日に頼むとよい

こんにちは、ビーコンの菅原洋一です。


最近はパーツ通販としては海外DIGI-Keyの存在感がますます強くなった感があります。
7500円超えると送料無料だし。また、部品検索が優秀です。

ただ難点は、頼んでから到着するまでのタイムラグ。
RSコンポーネンツは18時までに注文すると翌日来るので
菅原は、そちらを使いがちでした。



でもDIGI-KEYは土日の休みとかがないようで、金曜日の夜に頼むと月曜日に
大体到着しているそうです。貿易関係のオーバーヘッドがあるのになかなか優秀ですね。

RSコンポーネンツは金曜日の18時以降注文すると、配送が翌月曜日、到着が火曜日となりますので、DIGI-KEYのほうが速い場合もあるということになります。



バタバタしていてRSに注文するのが金曜日の18時以降になっちゃった人はDIGI-KEYに当たってみるのも手かと。



以上。エムエーアイ電子の本多さんから聞いた情報です。

では、また。

プロフィール

ビーコン菅原

Author:ビーコン菅原
組み込み始めてそろそろ25年。マイコンとか電子回路が大好きなんですよー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

カウンター(UV)

月別アーカイブ

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  03  02  01  12  11  10  09  07  05  02  12  10  09  08  07  05  04  03  11  09  08  07  06  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  12  11  10  08  02  12 

QRコード

QRコード

Designed by

Ad