11

17

コメント

R8Cオンチップオシレータでノイズ削減

こんにちは、ビーコンの菅原です。

ルネサスエレクトロニクスのマイコン R8Cにはオンチップオシレータが付いています。
要は外部に水晶振動子などがなくても、自身でクロックを発生できるということです。

R8Cマイコンはオンチップオシレータが搭載されています


当然水晶振動子に比べると精度が出ません。
その代りオンチップオシレータにすると、水晶振動子を外付けするよりも基板からの放射ノイズが少なくなります。
当然といえば当然ですが。。
こんな利点もありますね。。

他のマイコンでも同様なことが言えます。

11

13

コメント

R8Cでベクタ領域が反映されない

こんにちは、ビーコンの菅原です。

ルネサスエレクトロニクスのマイコン、R8Cで開発していた時のトラブルを報告します。

バージョンは以下の通り
M16C Series, R8C Family C Compiler V.5.45 Release 01 (11-12-2010 17:30:52)

HEWで新しいプロジェクトを生成するときに
C source start Application
を選択したとき。
R8Cの新規プロジェクトで C source start Application

なぜかベクタ領域が反映されません。ベクタ領域が FFFF になっています。

ベクタ領域が反映されないためFFでフィルされている

ここがFFになっていると割り込みで正しい割り込みハンドラに飛ばないために、起動後初回の割り込みでかならず暴走します。
バージョンが悪いのか、あるいは、そういうオプションがあるのかと悩みました。
不思議なことに、他のPCにプロジェクトをコピーすると、ベクタが現れるものもあります。

かなり長い間悩んでいましたが、はたと気がつき、対策を施したところベクタが反映されるようになりました。

ベクタ領域が反映されている
青字で表示されている文字がベクタ領域

問題はプロジェクトのパスで、日本語を入れていたためにおかしくなっていました。

以前の R8C/M16Cのコンパイラは パスに日本語を含んでいると ビルドが通らなかったのですぐにわかったのですが、今回は全くエラーメッセージが出ません。また、新規プロジェクトを C source startup Application ではなく普通の Application にすると問題なくビルドされるので、すっかり日本語対応完璧になったかと思っていました。
そこで、うっかりプロジェクトを格納するフォルダ名を日本語にしてしまったのが間違いのもとでした。。

結局日本語を英数にすることにより解決。

しばらく R8Cの開発よりも SH等のマイコンを使っていました。SHは同じHEWで動きますが、日本語フォルダ問題ありません。そんなわけで油断しておりました。ハイ

やっぱり、プロジェクト名は昔ながらの英数表示スペース無にかぎりますね。。

プロフィール

ビーコン菅原

Author:ビーコン菅原
組み込み始めてそろそろ25年。マイコンとか電子回路が大好きなんですよー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

カウンター(UV)

月別アーカイブ

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  03  02  01  12  11  10  09  07  05  02  12  10  09  08  07  05  04  03  11  09  08  07  06  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  12  11  10  08  02  12 

QRコード

QRコード

Designed by

Ad