03

22

コメント

震災の援助に携帯の充電器を制作

ソーラーバイクレース実行委員会では先の大震災の被災地支援として携帯電話のソーラー充電器を製作しました。
seihin_20110322.jpg

これは、ソーラーバイクレース実行委員会がスポンサーより提供されていたソーラーパネルにDC-DCコンバータ回路をつけた、電気がなくても携帯の充電ができる装置です。
自動車のバッテリーも接続できるようになっています。バッテリーを接続すると、太陽が出ている間にバッテリーに充電して、太陽光が当たらなくなっても連続して携帯に充電できます。

ソーラーの充電器を検索してみましたが、ソーラーパネルが手のひらサイズぐらいの個人用ばかりで、意外にもこのような大型の充電器は世の中にはありませんね。このぐらい大きなソーラーパネルを使うと、20?60分で充電できるようです。
昨日はぐずついた天候だったのですが、それでも充電できたとのこと。なかなかの高性能ぶりを発揮しています。



ソーラーバイクレースにかかわるメンバーや、Twitterで呼びかけたメンバーがあつまり、3/15日より制作を始めて、昨日 21日に約50台を完成させました。
これらは浜松市の消防局にお願いして、現地に設置されれます。


minna_20110322.jpg制作の模様

kiban_20110322.jpgDC-DCコンバータ基板

seihin_20110322-2.jpgハマ零代表のサイン入りでございます。

すでに 13台は現地に収められて、活躍しているとのこと。

充電器の出力は USB端子になっているので、携帯電話のほかにDSとか USB端子のあるメディアプレーヤーや iPadにも使うことができます。

実際に今回出張中に被災して、避難所にも一時いた、山脇さんによると、たとえ電波がつながりにくくても、現地の人にとっては携帯が動くだけでほっとするとのことです。

作ったばかりではありますが、早くこの充電器が役割を終えることを切に願います。





リンク

被災地へ携帯電話充電器を?浜松のソーラーバイクレースが準備

写真=出来上がった充電器を喜ぶ山脇さん。


東日本大震災被災地支援活動 ← 充電器の性能がよくまとめられています。動画もあり。

03

13

コメント

日本androidの会浜松支部キックオフミーティング

こんにちは、ビーコンの菅原です。

3/12に開催された 日本Androidの会 浜松支部キックオフミーティング に参加してきました。

http://atnd.org/events/12959


日本androidの会浜松支部キックオフミーティング


android のすそ野は広く、それゆえに、ユーザー、アプリケーション開発者、ハードウェア開発者など様々な人々が集いました。

司会担当の方の楽しくも的確な議事運営で大変有意義なミーティングとなりました。

今回のミーティングでは支部長を決め、当面の活動目標を決定。

今後、日本androidの会のモットーである「自主・自律・分散」をベースに他の支部の運営を参考に、さまざまな方を巻き込みながら運営していきます。

支部長の話によれば、ITに関して浜松はいろんなことが素通りしてしまい、取り残されてしまうのではないかという危機感があり、何とかしたいという思いから、浜松支部発足の動きが出てきたそうです。

浜松支部のような窓口ができたことで、人や情報の交流が活発になることを期待します。

続きを読む

プロフィール

ビーコン菅原

Author:ビーコン菅原
組み込み始めてそろそろ25年。マイコンとか電子回路が大好きなんですよー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

カウンター(UV)

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  03  02  01  12  11  10  09  07  05  02  12  10  09  08  07  05  04  03  11  09  08  07  06  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  12  11  10  08  02  12 

QRコード

QRコード

Designed by

Ad