11

18

コメント

はんだごては二本買うべし

こんにちは
ビーコンの菅原です。

はんだごて初心者のために・・
ばんだごてなんですが、気に入ったものができたら、もう一本購入してくださいね。

つまり、二本そろえましょう。

理由は手が二本あるから・・・・
ですね。。

まれに口ではんだごてを咥えて作業する人がいますが、そういう方は三本必要となりますね?
私にはまねできません。

二本あるといろいろと技が使えるようになります。

たとえば、面実装の抵抗部品などは、両方の端子それぞれにハンダごてを当てると、表面張力のはたらきで、きれいにランドの真ん中におさまります。

DIP部品を部品をとるときにも、ハンダごて二本あると熱容量を稼げるので、ハンダが溶けて部品を取りやすくなります。(助けてくれる人がいるとなおいいですが)

面実装の部品をとるときも、抵抗やコンデンサの二端子の部品はもとより、ICなども両方を温めると簡単に取れます。

お店に行くといろいろはんだごてがあり、目移りしてしまいますが、同じはんだごてにしましょう。
なぜなら、同じはんだごてならば、小手先が共用できるからです。なので、同じシリーズのものにしましょう。

ハンダ作業をしている人にとっては当たり前の話ですが、こういう話題もエントリーしておきましょう。

11

05

コメント

続編:ブラザー 純正トナーとリサイクルトナーの比較

こんにちは、ビーコンの菅原です。

先日 TN-48J の純正トナー、リサイクルトナー(再生トナー)の比較をしました。
http://kkbecon.blog8.fc2.com/blog-entry-122.html

その後、さらにわかったことがあります。

それは、両面印刷したときに、ぽつぽつと斑点が出るのです。


両面印刷の結果
ぽつぽつ斑点がでる両面印刷:画像をクリックで拡大



どのような仕組みで出るのかはわかりませんが、とにかく出来上がりにこのようなものが出ます。
純正品ではそのようなことはありませんでした。

むーむ。
私も仕様書の印刷など、両面印刷を使う機会が多いので、実用上問題ないとはいえ、ショックですね。

11

02

コメント

ブラザー 純正トナーとリサイクルトナーの比較

こんにちはビーコンの菅原です。
先日再生トナーを購入しました。

画像とか中間色の印字の結果が、リサイクルトナーと純正トナーとずいぶんちがうなぁということで、比較の写真をアップします。

トナーは ブラザー TN-48J

販売元は TOKYOトナー
http://item.rakuten.co.jp/tokyotoner/006-003/#006-003


純正トナー再生トナー比較
リサイクルトナー(左)と純正トナー(右)を比較する<クリックで拡大>


純正トナー
純正トナー<クリックで拡大>

再生トナー
リサイクルトナー<クリックで拡大>

リサイクルトナーだと、中間色にばらつきが目立ちました。ドラムが劣化してきた時の印刷結果と似ています。また、画像の中の太線の隣に、にじみが発生します。


白地に普通の大きさの文字は再生トナーのほうがむしろはっきりと印刷されていました。触るとトナーの厚みが分かるぐらいです。好みによりけりですが、再生トナーの力強い印字のほうが好きな人も多いと思います。

・・ということはトナーの重量が変わらないとすると印刷枚数が少ないかもしれませんね。

プロフィール

ビーコン菅原

Author:ビーコン菅原
組み込み始めてそろそろ25年。マイコンとか電子回路が大好きなんですよー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

カウンター(UV)

月別アーカイブ

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  03  02  01  12  11  10  09  07  05  02  12  10  09  08  07  05  04  03  11  09  08  07  06  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  12  11  10  08  02  12 

QRコード

QRコード

Designed by

Ad