07

02

コメント

電池でも動くD級アンプIC

こんばんは。
ビーコンの菅原です。


RSコンポーネンツで部品を購入したときに、見つけちゃってついつい購入。
1.4W、モノラル、Class-D オーディオ・アンプ(TPA2005)

電源は2.5V?5.5V単一のみでOK。
外付け回路も最小でOK。
モノラル1.4W

外付け回路は入力部分のコンデンサと抵抗 および スピーカのみで動きます。
モバイル機器を対象としたスピーカー駆動用途のアンプのようです。

写真のように、このICは底面にサーマルパッドがあります。
本当はグランドにつけないと本来の放熱性能が出ませんが、まずは動くかどうかの評価なのでそのまま変換基板にハンダ付けしました。底面が基板のスルーホールなどにショートしないことを確認してから作業します。
TPA2005D1のボトム

PCのヘッドホン端子に接続して音を鳴らしてみましたが、普通に鳴りました。
動作中ICを触ってみましたが特に熱くなっていませんでした。
TPA2005D1の全体


注意点は 電源電圧が2.5V?5.5Vと低く、それに伴い入力の耐圧が低くなります(VDD+0.3V)。動作前にどの程度の電圧が入力されるか確認します。

TPA2005D1の拡大
こんなにちっちゃいICなのにスピーカーを元気に鳴らしていました。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://kkbecon.blog8.fc2.com/tb.php/40-10ce9ed5

プロフィール

ビーコン菅原

Author:ビーコン菅原
組み込み始めてそろそろ25年。マイコンとか電子回路が大好きなんですよー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

カウンター(UV)

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  03  02  01  12  11  10  09  07  05  02  12  10  09  08  07  05  04  03  11  09  08  07  06  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  12  11  10  08  02  12 

QRコード

QRコード

Designed by

Ad